2010年05月22日

奴らがやって来た

某月某日某街にて古本屋さんを発見。迷わず入店。
R1021711
上品そうな感じのお婆さんと息子さんらしき人がカウンターにいる。
お婆さんは眼鏡をかけて文庫本を読みながらお菓子をボリボリやっている。なんだか可愛らしい。最近某街から移転してきたらしい。思想や学術関係の本がズラ〜っと並んでいる。HPもあるらしい。創業1972年か、俺より年上だ。

幻邑堂

二冊購入。合計2000円。
数年前に廃刊した落札写真雑誌「deja-vu」七号とこれまでにも多数の若手写真家を発掘して来た写真公募展
「Canon 写真新世紀」のパンフ(?)みたいなもの。

「deja-vu」の存在は最近知ってヤフオクでも数冊を落札した。写真家・金村修の若い頃の文章とか載っていて、これがまたかっこいい。この雑誌のコンプを企んでいる。
全冊ヤフオクでってのも「…何だかなあ」と思っていたので、この日とっ捕まえて参りました。

「Canon 写真新世紀」の個展には一度だけ行った事がある。
この日買ったパンフ(?)みたいな冊子は売り物だったのだろうか?
表紙の写真には見覚えがある。自分が見に行った時のようなもののような気がする。

写真にハマり始めたた時期だっけ


CD購入…!!!
ex東京スカパラダイスオーケストラの冷牟田竜之のソロプロジェクト
DAD MOM GOD 「Poems like the Gun」

スカパラってよく知らないけど、たぶんライブでやってたのであろうルパン三世のテーマ曲等収録。
冷牟田氏がこの間FM放送に出演してて自分は凄く好感を持った。
それにしても風貌がルースターズの大江さんに似てきたなあ、とか思ってたけど、声も似てきたような気がする。



あ、風貌も唄声も似てきたってのは、
ルースターズ・デビュー当時のじゃなくて「今の」大江さんに、だけど…(笑)

b2unit80 at 23:24│Comments(0)clip!音楽 | 戯言

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔