2009年02月15日

写真とは「問いかけ」だ

遮断機

自分が撮った写真が嫌い。
つまらない写真ばかりだ。我流で始めた趣味だから楽しけりゃそれでいいんだけど、
納得いかない。プリントされた写真を見て俯いてしまう。

「撮ったの早く見てえ!」

「…ちゃんと写ってる!」

という時期は自分の中で終わった
やっと冷静に自分の写真を見れるようになってきた

構図なんだけど、ちょこっとはお勉強しようと思う
そして数多く写真を見て、できるだけ多く撮ること

ノリは「千本ノック」で。

俺が写真を始めたのは「表現」してみたかったから。
撮りたいのは記念写真やにっこり笑ってピースサインとかじゃなくて
(もちろんそういう写真が世の中にはあっていいし、必要だ)

自分の目の前にある「既にそこにあるもの」
景色の「底」のようなものが撮りたいのだ。


理論が欲しいとまでは思わないけど、
いつかロラン・バルトの写真論「明るい部屋」でも読んでみよう。

b2unit80 at 01:50│Comments(2)clip!カメラ・写真 

この記事へのコメント

1. Posted by さんしょ   2009年02月15日 22:28
いいね。ロックンロールだ。
表現したい、俺も。
最近ギターが鳴らないんよね。
っていうか、今までもなってなかったってことに気が付いた。
まだまだ初心者やけど、
ばーーん!楽しい!にならなくなってきたよ…。
2. Posted by E3A   2009年02月17日 00:16
さんしょさん>
ロックンロールとは嬉しいね。ありがとー。
写真もねギターのフレーズみたく「コピー」してみようかと思うんだ。いいなと思った写真をそのまんま真似て撮ってみる、という。

ギター弾くのがどんどんステップアップしてるんじゃない?奥の深さに更に気づきだしたというか。
構図についてネットで調べてたら「黄金比率」とかいう数式のサイトに辿りついてたよ(笑)
うーん難しい。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔