2006年04月02日

ロックンロール

休日。

せっかくの休み。寝てる時間がもったいなくて、やや眠いが昼前に起床


ロックンロールジプシーズの「I」に付いてるDVDを鑑賞する。



数時間後、モノホンが俺の目の前にいるはず


本日ドラムB‐1でのライブに参戦…!



DVDで「FOOL FOR YOU」が終わった後にチャック・ベリーのカバー「COME ON」がさわりだけ観れる


この曲が大好きなんだわ



ローリングストーンズのデビュー曲でもあるんだけど

俺は聴けていないんだ

なぜなら


公式アルバムに入っていないからだ


どうせなら、LPで聴きたいなあ…









というわけで、ライブ会場にも、ほど近いジュークレコードに到着


まずシングルでストーンズ「COME ON」のドイツ盤なるものを発見する

でも、ここまでマニアックなものでなくていいしなあ…

できれば、CDにない編集盤みたいなのがいいし、それもアルバムで。



B系ファッションの店員に問うと、奥から直々に店長が応対してくれる


差し出されたのは二枚。「マニア向け」と店長が言う方が俺は欲しい


あらら、やっぱし俺って、ストーンズに関してはマニアの域に達してたんだ…


同じくチャック・ベリーカバー「バイバイジョニー」が収録されてるし、即決。

LPローリングストーンズ
「HEART BREAKERS 14 ROCK&SHAKE」と
LPウィルコ・ジョンソン「SOLGD SFNDERS」購入




17:30

ドラムB‐1へ。

開場してから、物販のTシャツを眺める

…へ〜池畑氏のデザインしたTシャツなんかあるや

買ったのは花田裕之の「流れ」ツアーパンフ、1000円のみ



客の平均年令はちょい高めぐらいだろうか、

一人で来たっぽい人が結構いるな


おそらく身近にジプシーズ愛聴者がいないのだろう



ま、俺もそのクチなんだけどさ





いよいよショウが始まる


舞台袖から先頭に出てきた、なんだか「手術服」が似合いそうな顔色した人が下山淳(G)

年季がはいったストラトキャスター。格好よかったッス。



一番小柄でコワモテな面構えの人が池畑潤二(Dr)

ヌンチャクでも振り回してんのかよ!?と言いたくなるようなドラミング。



グラサンしてて、花田氏に「市川…フサエ!(誰?)」とMCで紹介されたのが、元ポットショット市川勝也(B)



ヘアバンドにギブソンES‐335。一発目のMC「今日、雨降らんでよかったね」がニクイぐらい決まってたのが、花田裕之(VO.G)




で、我を忘れそうになったのが、三曲目





き、きたぜ…!











「COME ON」!!








し、しかも



つづいて「ロージー」!!








最も聴きたかったやつをたてつづけにカマしてくれるとは…


…そんなに俺に会いたかったのか、ジプシーズよ






いや、マジでそんな風に思うぐらいのことなんだってば!!



あと、欲を言えばサンハウスの曲をやってほしかったかな







ライブ終了後

いわえる「出待ち」決行。

待つこと一時間。


花田、池畑さんと握手ができました。

膝と手がガクガク震えた…

特に池畑さんはすごくオシャレで、俺の目をしっかり見据えて相手をしてくれました。

いい人だったよ


花田さんは歩きながら握手だったけど、渋かったな〜


濃い一日でした




一生忘れないだろうね♪



b2unit80 at 02:12│Comments(0)TrackBack(0)clip!live 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔