2010年05月

2010年05月31日

封じ込められた美 過ぎゆく時間に捧げる


本を購入…!!!
…お金使ってばっかし(笑)
R1021740

・シャーロット・コットン「現代写真論」
・雑誌:美術手帖「五月号」と「六月号」

写真のトレンドってもんをちょいとばかし知りたくて「現代写真論」購入。
美術手帖「五月号」にはエディ・スリマンのインタビューが掲載。
ディオール・オムのデザイナーを辞してもう3年になる。
写真は11歳からやってるらしい。

彼の写真は好きなんだけど、なんせ写真集がバカ高い…。
骸骨と横たわってるギターのヘッドだけが写っている写真が凄くカッコいい。
美術手手帖「五月号」にも書いてあるけど、まさに「封じ込める美」といった感じ。素晴らしい。…はて、ファッションデザイナーとして今後はどうするんだろう?

他に見出しの特集で「ティルマンス/エグルストン」
ヴォルフガング・ティルマンスって名前聞いたことある程度だけど、
いいっすね!ちょっと調べてみよう。

…写真を見るのもいいけど撮らねえと(笑)
モノクロ・フィルムの自家現像の道具を今年二月に買い揃えたんだけど、
未だ現像に挑戦していない…。うーむ。。


古着屋でタンクトップ購入…!!!
R1021730

ジョイ・ディビジョン?ニューオーダー?のアルバムジャケのデザイン♪
というか、
どっちのバンドのか分からない俺は本当にロックンロールファンなのだろうか!?

恥を知りなさい、E3A君(笑)

サイズがめっさタイトのロング丈で、こりゃSサイズだろうね、きっと。
ギリギリ着れた。
カットソーとの重ね着でコイツをチラ見せ、みたいに着る予定。

最近欲しいレンズがあって
それが「Distagon T* 2.8/25 ZF 」
風景・街並みを撮ることが多いし自分が撮った写真を見ても「引いて」撮りたがってる感じ?がする。細かく分かんないけど、個性的な写りでメーカー伝統の一本らしい。自分はそういうのに弱い。欲しいけど安いお店でも七〜八万円くらいするようだ。。

「1,4/50」ならNIKKORでいいかな、と。
「1,4/50」に個性は求めない。
どこを取っても「標準」なレンズ、そんなのが良い。

2010年05月30日

EFFECTOR -Rock On The Eyewear


サングラス購入…!!!
R1021719


Eyewearブランドその名も「EFFECTOR」…!!!
IMG_1336_96


眼鏡とグラサンのドメブラなんだけど、ここのEyewearは全てギターのエフェクター(音を変えれる小さな機材)の名前がつけられています。

もうこれだけで言うことは無い!かっこいい…!!!

詳しくはこちらEFFECTOR


カート・コバーンがしていた「あの」グラサンがモチーフとなっている「wah ?」というタイプを本日購入…♪

この俗にカートタイプと言われているグラサンって、結構あちこちで出てるけど有名なのはナンバーナインのものだと思う。たぶんね。
「EFFECTOR 」の眼鏡・グラサンは全て職人さんによるハンドメイドらしい…!!!
よって在庫がつきたら数ヶ月は経たないと入荷しないという。
鼻にかかるフィット感が良いと思います。眼鏡屋さんで微調整も可能…♪

運よくラス1を手に入れれた…★


これを買ったお店の近くにリサイクルショップがあったので「…バブカセ売っないかしら」と入ってみる。あらあらアーミーなシャツを発見…!!!
R1021700

980円だってよ…♪
わりとタイトで着丈がいい感じに短い。
襟が合皮になっている。合皮って嫌いなんだけど気にしないでおく。
生地的にはこれからの時期にはちょいとばかし暑いかもしれない。
ま、いいや…♪


2010年05月29日

DVD×4

またまたDVD購入…!!!
R1021731

一枚1500円だけど3枚買えば3000円だったので買っちまった。

・ジム・ジャームッシュ「DEAD MAN」と「NIGHT ON EARTH」
・ジュリアン・シュナーベル「夜になるまえに」

ジム・ジャームッシュ監督のは作品観たことないのに何だか好きだ。
雰囲気的に(?)。うまく言えないけど、この人は好きだ。
もう一作DVDで持ってるけど、まだ観ていないという…。

時間無いんだよなあ、嫌すぎるこんな生活、こんな人生…(笑)

「夜になるまえに」は作家レイナルド・アナレスの自伝映画。
表現者の「生き様」というものをを観てみたくて購入。

もう一点
R1021737

・「完全鉄男「鉄男」から「鉄男THE BULLET MAN」までの軌跡」

本付きというかDVD付きというか、定価5200円
本屋で探したけど在庫無く注文した。無事に入手できて良かった良かった…♪
劇場公開版にはないシーンが約10分程本作に収録されている。
まだ観てないけどね。

この映画を観たのは19歳くらいだったと思う。この俺が…。
当時は京都府の北の方に住んでいた。
リバイバル上映で京都市内の映画館で観たんだよね。
…懐かしい

その数年後、こちら福岡辺りのTVで深夜に放送されてた覚えがある。

「鉄男2」もDVDで持っておきたい。

b2unit80 at 00:35|PermalinkComments(0)clip!動画・映画 

2010年05月22日

奴らがやって来た

某月某日某街にて古本屋さんを発見。迷わず入店。
R1021711
上品そうな感じのお婆さんと息子さんらしき人がカウンターにいる。
お婆さんは眼鏡をかけて文庫本を読みながらお菓子をボリボリやっている。なんだか可愛らしい。最近某街から移転してきたらしい。思想や学術関係の本がズラ〜っと並んでいる。HPもあるらしい。創業1972年か、俺より年上だ。

幻邑堂

二冊購入。合計2000円。
数年前に廃刊した落札写真雑誌「deja-vu」七号とこれまでにも多数の若手写真家を発掘して来た写真公募展
「Canon 写真新世紀」のパンフ(?)みたいなもの。

「deja-vu」の存在は最近知ってヤフオクでも数冊を落札した。写真家・金村修の若い頃の文章とか載っていて、これがまたかっこいい。この雑誌のコンプを企んでいる。
全冊ヤフオクでってのも「…何だかなあ」と思っていたので、この日とっ捕まえて参りました。

「Canon 写真新世紀」の個展には一度だけ行った事がある。
この日買ったパンフ(?)みたいな冊子は売り物だったのだろうか?
表紙の写真には見覚えがある。自分が見に行った時のようなもののような気がする。

写真にハマり始めたた時期だっけ


CD購入…!!!
ex東京スカパラダイスオーケストラの冷牟田竜之のソロプロジェクト
DAD MOM GOD 「Poems like the Gun」

スカパラってよく知らないけど、たぶんライブでやってたのであろうルパン三世のテーマ曲等収録。
冷牟田氏がこの間FM放送に出演してて自分は凄く好感を持った。
それにしても風貌がルースターズの大江さんに似てきたなあ、とか思ってたけど、声も似てきたような気がする。



あ、風貌も唄声も似てきたってのは、
ルースターズ・デビュー当時のじゃなくて「今の」大江さんに、だけど…(笑)

b2unit80 at 23:24|PermalinkComments(0)clip!音楽 | 戯言